大学病院での病棟勤務にフルタイムあり、夜勤ありで復帰しました!

スポンサーリンク
看護師の仕事
スポンサーリンク

フルタイムで大学病院の病棟に復帰しました!

育休から明けて4月から大学病院の病棟にフルタイムで復帰しました!
妊娠した当初・・・実は大学病院に復帰するつもりはあまりなく・・・転職したいなと思っていました。(元々転職予定だったのですが、妊娠で白紙に)
しかし、お金の関係で大学病院、しかも病棟に復帰!しかもフルタイムでの復帰です。

無謀にも思える大学病院の勤務環境・・・

看護師の知り合い・・・いや、大学病院に勤務している知り合いをお持ちの方や働いたことのある方はなんとなくイメージできると思うのですが、看護師の勤務環境って正直鬼畜ですよね。
全然健康的ではないし、正直人間としての尊厳は無いに近いと言っても過言じゃない気がします。(私は以前、他職種で働いていたので余計にそう感じました)

始業時間は8:30からと少し朝早め。にもかかわらず、病棟勤務だと患者さんの情報をとるための前残業(勿論サービス残業)が必要です。これ必須です。患者さんの病態症状を把握しなければいけないので新人であればあるほど時間がかかってしまうというトラップです。

定時は17:00ですが、定時で上がれた日なんて年に1、2回程度。(しかも休日)私の前いた病棟では17:00に患者さん対応が終わり、17:00から残務、看護記録、他業務のお手伝いがありました。19:00に終わるのはまだ早い方で、21時くらいが平均的。一番遅い時は日付が変わっていました・・・。

それでも病棟、フルタイム勤務で復帰しようと思った理由

理由は一つ・・・・看護の仕事が好きだから。


とかではありません。

外来など病棟以外の勤務を希望したのですが、やはり勤続年数上の人から優先的にそちらに行くことができるシステムなので病棟以外の勤務は叶いませんでした。
また、基本給が安すぎて日勤だけの外来だと月給が悲しいことに。
(病棟だと調整手当や病棟手当など色々付くんです。)

目玉パパ
目玉パパ

病棟はいいにしても時短とか使った方が良かったんじゃない?夜勤はして欲しくないな〜。

こう夫は言いますが、前の病棟での時短さんを見ていると仕事量はフルタイムと変わらないのに、時間だけ短くなって、時間内で仕事を終わらせるのに苦労していて・・・
それは当たり前なのに、自分の仕事しかしない、コール対応しないなど、結構周りから陰口言われてたりして・・・
さらに時短で給料はカット、ボーナスもカットされるという踏んだり蹴ったり状態。

目玉ママ
目玉ママ

まず、時短の時間内に業務を終わらせる自信が私にはない。そしてそれに耐えるメンタルもない。

そんな理由で時短は使わずフルタイム復帰。そしてフルタイム復帰で週5、土日休みでは体力的に疲れてしまうので、夜勤も行うことにしたのです。
病棟で時短で復帰してるママさん看護師は本当に尊敬します。

育休明けで復帰して職場環境は?残業は?

内科病棟から外科病棟に異動

私は元々いた病棟には戻らずに別の病棟に異動しています。前の病棟には戻りたくないと希望を出していたので希望通りです。
妊娠中に受けた心無い言葉に傷つくガラスメンタルの後遺症と、3年ものブランクを背負って元いた病棟には戻れないと自分で判断しました。

良かった点
・心機一転!新人のつもりでスタートできる
・新しい病棟だからこそわからない事をなんでも聞くことができる。

マイナスだった点
・ゼロからの人間関係。やはり気を遣う。
・全く違う分野だったので、勉強が大変。育児しながら勉強って時間の確保が難しい。

内科から外科なのでオペなど全くやったことのない業務もあり、勉強しなければならないですが、外科ならではの前向きで明るい感じはとても好きです。
人間関係も比較的良い病棟に配属されたのではないかなと思ってます。全体的に若めなので、新しく来たおばさんなのに使えないママ看護師という存在に若い子たちは若干戸惑ってる感をうけます。

残業は少なめ!?

心配していた残業ですが、思ったよりは少ないかな。という印象です。

前残業も、以前いた病棟は新人は1時間前にくるのが当たり前でしたが、1時間前に来ている人は皆無でした。3年目すぎたあたりのスタッフはびっくりする位ギリギリに来て情報とっていました。

残業も今は新型コロナウイルスの影響で病棟は暇なので残業はなし。
定時で毎日帰ってます。緊急の入院が夕方近くにあると残業は発生していますが、私は帰っていいよ〜と言われました。

病棟のスタッフに普段の残業聞くと最近は残業少なく遅くなっても18時くらいかなぁという言葉を聞くことができてホッとしています。

残業少なめで帰ることができるように工夫していきます!

現在はコロナの影響で残業はほとんどゼロ!
しかも子どもは夫が家庭保育しているのでお迎えの心配もありません。
慣れない仕事に復帰し負担も多い時期に夫の完璧なサポートが受ける事ができたのは良かったと思っています。

あまり残業がない病棟という言葉を信じて、自分の仕事をしっかり終わらせて残業少なめで帰ることができるように工夫して頑張りたいと思います。

にほんブログ村 子育てブログへ

↑ランキング参加中です。1ポチお願いします↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました