初めての出産に広尾の日赤を選んだ理由。

スポンサーリンク
妊娠中
スポンサーリンク

私は初めての出産を広尾にある日赤(正式名称:日本赤十字社医療センター)を選びました。
妊娠中は産院選びを始め、出産病院のことをとても良く調べていたので、今後広尾日赤で産む方や迷っている方の参考になれば・・・と思い記します。

初めての出産!とても悩んだ産院選び・・・

妊娠が分かってからまず考えるのは出産の病院選びですよね。私も迷いに迷い、親と大喧嘩をして、決めました。(喧嘩は大人気なかったな・・・とも思いますが、当時は本気でした)
また後日詳しく書きたいと思いますが、妊娠初期に重度悪阻になり入院してしまい、出産難民になりかけた事が悩みを深くした原因の一つです。

また、私は看護師で、実習を通して周産期に興味を持ち、配属希望に周産期を希望していたので、自分の出産にも、かなりのこだわりがありました。

産院を決める私のこだわったポイント

産院を決めるにあたって私が譲れなかったポイントは

  • NICUがあること
  • 夫と陣痛室・分娩室とも立ち会い出産ができる
  • 母子同室

出産費用や自宅からの近さなどまだまだ決めるにあたって考慮した部分はありますが・・・
絶対に譲れなかった条件はこの三つでした。

NICUがあること

NICUがない病院だと産まれてきた赤ちゃんに何かあった場合救急車に乗って搬送される。
1分、1秒でも早く新生児科医による処置をうけることができるように。
そう思ったのが理由です。ここは一番譲れないところでした。

しかしNICUがある病院ってそんなに多くないんですよね。当たり前です。
自分の住んでいる場所からの移動距離を考えると選択肢がかなり狭まりました。
(自分の勤務先の大学病院もNICUあるのですが、絶対に嫌でした・・・)

夫と陣痛室・分娩室とも立ち会い出産ができる

痛みに弱い私は立ち会い出産できないのは絶対に嫌でした。
中には陣痛室はOKだけど、分娩室はNGという病院もあり・・・悩ましかったです。

私の本音的には陣痛室と分娩室が分かれてないほうが良いというのもありました。
陣痛中に分娩台に移動するのが嫌だったからです。(痛いのに動けない!!!)

母子同室

実習で母乳育児について学んで、素敵だなと思ったのがきっかけで母乳育児への憧れが凄くあったんですね。なので、母子同室は絶対に外せなかったです。
産後すぐに授乳できるというのはその後の母乳育児を軌道に乗せるために良いなと思っていました。
出産後すぐに母子同室という病院は意外と少なく・・・出産翌日から母子同室という所が多かったですね。その他にも2日目や3日目から母子同室〜という産院もありました。
ただそういう病院だと結構すぐにミルク足しちゃうかな?という思いもあり(ミルクを足すのがいけないわけではないです)出産後すぐに母子同室の病院を探しました。

車で40分かかる広尾日赤に決定!

第一候補は実家から車で15分の大学病院でしたが、出産予約がとれず断念。
実家から車で30分圏内には私の条件をクリアする2つの病院の候補がありましたが、出産費用がややお高めな割に魅力が薄く・・・(ワガママ?

元々BFH(赤ちゃんにやさしい病院)の認定を受けている広尾日赤で産みたいなぁとボンヤリと思っていましたが、私の自宅からも実家からも車で40分程かかるためあまり現実味がないな、と思っていました。

しかし、産院選びを進めるうちに1時間以内なら候補になるのではないか!?という思いが強くなり、広尾日赤に決めました。
広尾日赤の魅力的だった点は以下です。

スーパー総合周産期センターの指定と分娩手術室

広尾日赤は東京都からスーパー総合周産期センターの指定を受けています。
緊急の時の安心感がありました。
そして一番の魅力は分娩手術室の存在です。分娩室の真向かいに産科専用の手術室が2つあり、緊急の帝王切開が必要と判断されると、15分以内に赤ちゃんを取り上げられる体制が整えられています。
逆子などでの計画帝王切開の場合は夫の立ち会いもできるのも魅力でした。

フリースタイル分娩!妊婦主体のお産がしたい。

絶対NICUのある病院!スーパー総合周産期センター!なんて言ってますが、
私実は助産院での出産に憧れていたんです。
小学生の時に読んだ漫画「助産院においでよ」で助産院を知って妊婦主体のお産がしたい・・・と思っていたんです。

広尾日赤は「自然なお産」「妊婦さん主体のお産」を志すと掲げており、BFHの認定など、助産師さんが頑張っている印象を受けました。
分娩も陣痛室と分娩室が一緒になっているのも魅力でしたし、畳の分娩室もあるのも良いなぁと思っていました(畳は叶いませんでしたが・・・)

母乳育児に力を入れている。

これは本当〜〜に私のワガママな部分だったなぁと思いますが(笑)
やはり母乳育児がしたい!と強く思っていました。
早期母子接触(カンガルーケアーとも言われていますが、本来のカンガルーケアーはこれじゃないのです)して、母子同室で泣いた時には授乳ができる環境を整え、母乳育児の基盤を作りたいという思いがありました。

広尾日赤はスパルタと巷で揶揄される位母乳育児には力を入れていたので・・・
そのスパルタをうけてみたいなぁと思ったのも決め手でした。

通院時間だけは最後まで気がかりだったけど、妥協しなくて良かった!

車で最短で30分、渋滞などを考慮すると40分。朝の通勤時間帯の混雑では1時間かかることもあるかも?といった距離の日赤広尾。
実際、場所で選ぶ妊婦さんも多いですし近いにこしたことはないと私も思います。

ただ、私みたいにどーしてもここで産みたい!という思いのある人もいると思います。
助産師さんには「40分以内なら大丈夫」と言われ私は安心しました。
ただ、これは体質などにもよるので絶対ではありませんが・・・
(あれよ、あれとお産がすすんでしまう妊婦さんもいるので)

私は妊娠初期〜中期までは自宅近くの産婦人科で健診を受け、後期だけ日赤に通うというセミオープンシステムを利用していました。
それがなかなか快適だったので良かったなと思います。
後期は運動がてら広尾まで通ったのも良い思い出です。

遠かったけど、時間は全然余裕でした。2人目も広尾日赤で産みたい!と思える位良かった!

以上私が広尾日赤を選んだ理由でした。
広尾日赤の出産レポや産後レポなども今後アップしていきたいな〜と思っています。

にほんブログ村 子育てブログへ

↑ランキング参加中です。1ポチお願いします↑

コメント

  1. […] 初めての出産に広尾の日赤を選んだ理由。私は初めての出産を広尾にある日赤(正式名称:日本赤十字社医療センター)を選びました。 今後広尾日赤で産む方や迷っている方の参考にな […]

タイトルとURLをコピーしました